プロフェッショナル人事を経営の味方に

interview中途採用

ゼロベースから採用体制を構築し、わずか1年でエンジニア組織を倍増できた理由

コーナーへのご依頼やお問い合わせはこちら。 採用難易度が最も高いITエンジニア。全体の求人倍率1.65倍(20

難しいエンジニア採用、結局どうすればいい?

「ITエンジニアの採用は難しい」 実際に求人倍率が高まり続ける中、あらゆる採用ツールを使っても狙った層からの応

違法?合法?人事が知っておくべきリファレンスチェックの観点とは

外資系企業では当たり前のように実施されてきたリファレンスチェック。日本でも早期離職やミスマッチを防ぐ方法として

CXO採用にはコツがある?CXO人材への正しいアプローチ方法

CXO(Chief X Officer)は「Chief=組織の責任者」+「X=業務・機能」+「Officer=

noteを活用した採用広報とは?「note pro」と個人noteの実践的な使い方。

採用広報と言えば一昔前まではHPが一般的でしたが、最近ではnoteやWantedlyなどSNSを活用して発信を

“課題解決に直結する” あるべき採用KPIの設計・運用方法とは

KPI(Key Performance Indicator)を掲げ、採用管理に活用する企業が増えています。すで

SNSを活用したタレントプール形成・採用力強化の方法

事業に必要な人材獲得競争が続く昨今、リソース(資金・人員)が限られた中での採用力強化のために「SNSを効果的に

CXから考える戦略的設計の採用マーケティング

採用活動をマーケティングとして捉え、データやテクノロジーを活用することで候補者との適切なコミュニケーションを設

事業成長を加速する採用のカギは「採用要件の設定」にあり。その具体的な方法論とは?

経営や現場側からの「こんな人を採用したい!」と要望を元に採用活動をスタートしたものの、思うような人材を採用でき

「採用代行」の活用において、最大の効果を出すポイントとは?

新型コロナウイルスによる自粛・休業要請の影響で、有効求人倍率はやや低下しました。それでも東京などの都心部を中心

採用決定数3倍を実現!「エージェント協力体制」の構築術とは?

エージェント経由で活躍人材の採用を実現するためには、エージェントの「注力企業」に入り、協力体制を構築していくこ