プロフェッショナル人事を経営の味方に

hiring-how-to人事のノウハウ

NEW! リモートワークの先に生まれた「ハイブリッドワーク」で、組織の生産性を上げる方法

新型コロナウイルスの影響で導入が急ピッチに進んだリモートワーク。昨年度の緊急事態宣言が明けてからは、リモートワ

VUCA時代のマネジメントに「コーチング」を活かす方法

近年、「コーチング」を導入する企業が増えてきました。これまでも経営者や幹部メンバー向けにコーチをつけて目標達成

実施前の設計が成否を分ける、「360度評価」の具体的な進め方

これまで上司が部下を評価する形の人事評価制度が一般的でしたが、昨今では「360度評価」という形で多方面からの評

難しいエンジニア採用、結局どうすればいい?

「ITエンジニアの採用は難しい」 実際に求人倍率が高まり続ける中、あらゆる採用ツールを使っても狙った層からの応

社員の能力を最大限引き出す、オンライン/オフラインでの階層別研修の在り方

「新入社員研修」や「管理職研修」など多くの企業で導入されている階層別研修ですが、本来の目的やメリット・デメリッ

違法?合法?人事が知っておくべきリファレンスチェックの観点とは

外資系企業では当たり前のように実施されてきたリファレンスチェック。日本でも早期離職やミスマッチを防ぐ方法として

「従業員を管理する」のではない。戦略的タレントマネジメントとは?

従業員の持つ能力(タレント)に着目し、戦略的な人材配置や育成などを行う人事マネジメントを総称して「タレントマネ

CXO採用にはコツがある?CXO人材への正しいアプローチ方法

CXO(Chief X Officer)は「Chief=組織の責任者」+「X=業務・機能」+「Officer=

何人のチームが一番上手く機能する?人事が知っておくべき「適正人数」の考え方

マネージャー(上司)が直接管理できる人数を定義する考え方を「スパン・オブ・コントロール」と言います。 米Ama

noteを活用した採用広報とは?「note pro」と個人noteの実践的な使い方。

採用広報と言えば一昔前まではHPが一般的でしたが、最近ではnoteやWantedlyなどSNSを活用して発信を

組織力を決定づける「組織文化」の正体とは

組織文化の研究組織であるKatzenbach Center(カッツェンバック・センター)が2017~2018年

ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)は浸透させるものではない?成功例から、本質を理解する

皆さんは、ミッション・ビジョン・バリュー(以下MVV)と聞いて何を思い浮かべますか?「うちの会社にもあるけど、

MBO(目標管理手法)がマッチする組織と、しない組織の違いとは

MBO(Management by Objectives)は、日本でも多くの企業が取り入れている目標管理手法の

馴れ合いで終わらせない「心理的安全性」の正しいつくり方

「チームのパフォーマンスを向上させるためには “心理的安全性” を高めることが重要だ」と2012年にGoogl

知らないと損?人事担当者なら知っておきたい「人事・採用に関する助成金について」

「雇用の促進・維持」や「人材確保」に積極的な取り組みをする企業に対して、国はさまざまな助成制度を用意し、資金面

その1on1ミーティング、本当に効果がありますか?効果的な運用と事例紹介

1on1ミーティングは、2012年にヤフーが導入したことで話題になりました。現在では多くの企業が1on1を導入

“課題解決に直結する” あるべき採用KPIの設計・運用方法とは

KPI(Key Performance Indicator)を掲げ、採用管理に活用する企業が増えています。すで

SNSを活用したタレントプール形成・採用力強化の方法

事業に必要な人材獲得競争が続く昨今、リソース(資金・人員)が限られた中での採用力強化のために「SNSを効果的に

KKD(勘・経験・度胸)だけの人事から卒業する「ピープルアナリティクス」の始め方

データを使って仕事の成果を高める流れは一般的になりつつありますが、人事領域に関しては、「ヒト」という感情や身体

CXから考える戦略的設計の採用マーケティング

採用活動をマーケティングとして捉え、データやテクノロジーを活用することで候補者との適切なコミュニケーションを設

経営難を乗り切る組織再編と、人員整理を進める手順とは

新型コロナウイルスの影響から、業績が悪化し経営難に陥る企業も出てきています。何度も直面するような場面ではないこ

事業成長を加速する採用のカギは「採用要件の設定」にあり。その具体的な方法論とは?

経営や現場側からの「こんな人を採用したい!」と要望を元に採用活動をスタートしたものの、思うような人材を採用でき

テレワーク・リモートワークで変わった働き方。人事・評価制度はどう対応する?

2020年6月にコロナウイルスによる緊急事態宣言が解除された以降も、各社では働き方が大きく変化しています。その

業務委託メンバーが活躍する組織において、考えるべき評価手法とは

近年、テレワークや地方移住、複業(副業)や兼業など個人の働き方が多様化する中で、企業の雇用形態においても考え方

オンボーディング成功のポイントは「ユーザー視点」。押さえるべき点と事例紹介

新たに採用したメンバーが早期に活躍できるよう、組織としてサポートする「オンボーディング」。もともとは船や飛行機

「採用代行」の活用において、最大の効果を出すポイントとは?

新型コロナウイルスによる自粛・休業要請の影響で、有効求人倍率はやや低下しました。それでも東京などの都心部を中心

「ティール組織は目指すものではなく結果である」オズビジョンが試行錯誤した内容とは?

※2021年1月9日更新 ティール組織とは、個々の社員が意思を持ち、組織目的の達成に向けて変化し続けることがで

採用決定数3倍を実現!「エージェント協力体制」の構築術とは?

エージェント経由で活躍人材の採用を実現するためには、エージェントの「注力企業」に入り、協力体制を構築していくこ

テレワーク・リモートワーク下での「チームビルディング」で必要なこと

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言をきっかけに、テレワーク・リモートワークを導入する企業が増えました。また、

「OKR最大の効果は、対話型組織の開発にある!?」実践者に聞いた、OKR導入・運用の心構えと実例

GoogleやFacebookといった世界的企業をはじめ、国内でもメルカリなどが積極的に取り入れて注目を集める

Page 1 of 212